<2010. 3. 13 ヴァン・ヴィエン(ラオス)Vang Vieng in Laos>

last update 13.March.2010





1.朝の風景
2〜4.Organic Farm Cafe で、マルベリー・ジュース(はずれか)
5〜9.徒歩で Tham Chang Cave(鍾乳洞・洞窟)へ
10〜14.ヴァンヴィエン・リゾート(整った場所だ)
15〜21.洞窟へ続く階段147段を上る。
22〜23.鍾乳洞(フラッシュOFF、シャッタースピード1秒)
24〜28.洞窟から出ると雄大な風景が広がっていた。
29.ヴァンヴィエン・リゾート
30〜33.Organic Farm Cafe でランチ(おさむひとり)(^^

*

 いま宿泊している宿は4階建て。(Sisavang(シーサワン) Guest 
House)

 4階の部屋。(TVなし。当然か(笑)、ホット・シャワー)
 とてもいいのだが、階段は要注意。
 段差が大きい上に、
 段差(高さ)が一定ではない!んです。(初日に氣づいた)
 しかも、やや、転げ落ちるような感じに(笑)
 勾配もついている。

 なので、ひとつひとつ大事に階段を踏みしめないと、おおけがするか
も〜

 ラオスの設計、おそるべし。(笑)

 手洗いするところも、
 高すぎる上に、せまくて
 手を洗うと
 あちこちに手があたりそうになる。(笑)

 ま、これもご愛嬌。

*

 欧米人ばかりの街に、めずらしく日本人がこの宿に。
 21歳(大学一年の男性)
 春休みに一人旅。
 聞けば、10時間以上のバスの移動もなんのその。
 移動距離が長い。
 若さだなぁ〜

*

 午前中、タム・チャン洞窟(Tham Chang Cave)へ。
 1.5kmほどなので、徒歩〜

 ヴァンヴィエン・リゾートのかんばんを発見。
 そのかんばんの右横に cave はこちらと「左矢印」が書いてあったの
で、それを信じて左折した・・

 また別のかんばんがあり、cave はこちらと書いてある。

 地図とは違う方向だが、どんどん歩いていく。

 いや、やはり、おかしい。

 cave(洞窟)の名前が違った・・

 で、きた道を戻る・・

 ひっかかってしまった。
 20分のロス。
 すまん・・(^^;

*

 無事、ヴァンヴィエン・リゾートに到着〜
 入場料:大人二人:50円

 きれいな庭園のようなところ。
 ここは整っている。

 洞窟の入場料:大人二人:340円

 洞窟へ続く階段を147段、上る。

 いよいよ鍾乳洞に入る。

 お〜〜〜

 これはすばらしい!

 フラッシュOFFで
 シャッタースピード1秒に設定し
 デジカメ(KONICA MINOLTA A200)を手すりに乗せ
 手ぶれを防ぎ、
 シャッターを押した。

 お〜、きれいに撮影できました。(^^
(デジカメの勉強、しといてよかった。ホッ)

*

 洞窟内を歩き〜
 洞窟を出て
 階段を下りたら

 祐也、ダウン。

 どうやら風邪のような感じ。

 昨日、川でおおはしゃぎして汗だくになっていたから、そのせいか。

 しかも・・

 朝、飲んだマルベリー・ジュースには、ココナッツミルク?バナナ?
などなど、わからないけど、なにかよからぬものが含まれていた氣がす
る。

 だって、おさむも腹がゴロゴロ、いってるから・・
(でも大丈夫。(^^

 なおこも、めずらしく power down..

 というわけで、午後は「お休みタイム」となりました。

 おさむは相変わらず、パソコンにかじりついて(笑)この日記を書い
ています。

 デジカメを各人が持っているから写真の整理だけでもたいへん。(笑)

(すべての日記に、)
 祐也(10歳)が撮影した写真も結構多くスライドショーに入れてあ
ります。(多い日は、一日に150枚以上、撮ります)
 斬新なアングル。

 子供の目線で見たラオスは新鮮!

*

 おさむ&ゆうやが写っている写真は、もちろん直子のカメラで撮影し
ています。

*

 で、七割くらいはおさむが撮影した写真です。

 ふじかわ おさむ at Vang Vieng in Laos



 Top Page




































inserted by FC2 system